2月25日(日)、第2回目となる「日本センチュリー交響楽団 東条特別公演~日本木管コンクール優勝者を迎えて~」を開催いたしました。

今年の1曲目は、軽快なリズムで始まる「フィガロの結婚」序曲。2曲目は第28回日本木管コンクール クラリネット部門の優勝者、鶴山まどかさんが奏でる、ウェーバーのクラリネット協奏曲第2番。リハーサルでは少し緊張されているように見えた鶴山さん、しかし本番では一転して、繊細な表現から大胆なアプローチまで、鶴山さんの素敵な音色がホールに響きわたりました。

休憩後はご存知の方も多いであろう人気曲、チャイコフスキー「交響曲第5番」。

指揮者、松元さんの的確な指揮とオーケストラの皆さんの心が一つになり、会場は一気に熱を帯びました。日本センチュリー交響楽団の迫力ある演奏に、魅了されたのではないでしょうか?

そして、こちらも昨年から恒例となりつつある、「センチュリーと歌おう会」。今年はシベリウス作曲、交響詩フィンランディアをフィンランド語で歌う事に挑戦しました。実はソリストの鶴山さんも合唱に参加していらっしゃったのですが、皆様お気づきになられましたでしょうか?

リハーサルでは緊張からか少し硬くなっておられた合唱団の皆さんでしたが、指揮者の松元さんの楽しく的確なアドバイスで緊張もほぐれ、本番では、今までで一番素晴らしい歌声を披露してくださいました。割れんばかりの大きな拍手と歓声に包まれる中、無事に今年の公演も終演を迎えました。

この演奏会の開催にあたり、ご協力くださいました日本センチュリー交響楽団の皆様、ご協賛いただきました近隣企業・商店の皆様、そして合唱団としてご参加くださった皆様、いつも支えてくださるボランティアスタッフの皆様、多くの方のお力添えにより本公演を成功裏に終えることができましたことを心より感謝申し上げます。

そして、来年の公演日程が早くも決定いたしましたのでお知らせいたします。

次回は、あおによし音楽コンクール(奈良県開催)の優勝者と日本木管コンクールの優勝者を迎えての競演となります。開催日時は以下のとおりです。

 

2019年3月16日 東条文化会館コスミックホール 16時開演
日本センチュリー交響楽団東条特別公演
~あおによし音楽コンクール優勝者・第29回日本木管コンクール フルート部門優勝者を迎えて~

 

日本木管コンクールのさらなる発展と来年の公演開催に向けてより良きものを目指して進めてまいりますのでご支援・ご協力をよろしくお願いいたします。